集中筋トレダイエット-筋肉を鍛えて基礎代謝を上げ,脂肪を燃焼させる

タイトルにも記載した通り、私が編み出したオリジナルのダイエット方法をご紹介致します。それはずばり申し上げると、「集中筋トレダイエット」です。

これを作り出しスタートしたのが、今らか丁度一年前でした。その頃は、ちょっと仕事のストレスなどがかさみ過ぎていて、そのストレスを発散させるためとにかく肉や甘いものを食べ続けていたんです。その結果、お腹まわりに脂肪がたくさん付き、顔周りもぽっちゃりに。

これはマズイ!ダイエットをしなければと思い。すぐ書店に行ってダイエット本を買ったり、ネットで情報収集を始めました。そして、流行りのダイエットや効果的なやりかたとかを勉強して、その中でも自分自身にピッタリだと感じたのが、筋肉トレーニングを通じてのダイエットでした。

シンプルに申し上げると、体の筋肉をしっかり鍛えることで基礎代謝を上げて脂肪を燃焼しやすくするというものです。そこに、私個人のやりかたを加えてオリジナルのトレーニング手法を作りました。

どんなメニューかというと、とにかく大きい筋肉としっかり集中して鍛えるというものです。ここでの大きい筋肉というのは、大胸筋・広背筋・腹筋・大腿筋の4つです。この4つの筋肉は体にある筋肉の大部分をしめているので、それを鍛えればより基礎代謝を上げることに繋がります。

さて、次にトレーニングのやり方も変わっていて、ジムにあるマシーンを使ったり、マシーンを使わずに自重といって自分の体重を上手く活用してトレーニングしたりというやり方があるのですが、私はどちらか1つではなくてどちらも一緒に合わせてのトレーニングを実施しました。

まず、自重トレーニングで4つの筋肉を刺激する各メニューを10回×3セットずつやります。これだけで、筋肉にかなり負担がかかっているのでトレーニング効果としては十分あります。

しかし、さらに筋肉を鍛えるため時間を置いてマシーンでのトレーニングを実施します。たとえば午前中に自重をやった場合には夕方~夜の時間帯という休憩時間をおいてからマシーンを使用して再びトレーニングをするのです。自重とは違ったやりかたで筋肉を鍛えるので、筋肉を鍛えるだけでなく、自分自身飽きずにダイエットのためのトレーニングすることが出来ます。

このトレーニングのポイントは別の手法を取り込むという点です。同じことばかりを続けるのではなく、別の手法を入れているのでリフレッシュにも繋がりますし、トレーニングを積めばより高い負荷を試したい。その際にも、より続けやすい環境があるので、楽な気持ちでダイエットトレーニングが出来ます。

このやり方を1年間続けた結果、8キロやせることが出来ました。そして、食事も野菜をしっかり取るようになったりと、気を使うようになれたのも嬉しい点ですね。ぜひ、紹介したダイエット筋肉トレーニング実践してみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当記事の内容はいかがだったでしょうか? もし記事を読んで少しでも参考にしていただけたようであれば,ソーシャルメディアで共有してもらえると嬉しいです。

当サイトは 人気ブログランキングにほんブログ村 に参加しています。
かなりの位置にいますので,是非現在の順位を以下のボタンより確認してみて下さい。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ダイエット成功ブログへ



関連記事

  1. 2014-9-5

    ダイエットに関する記事投稿ページ

    当サイトをご覧いただき,ありがとうございます。 当サイトでは読者のみなさまからの意外なダイエッ…

おすすめ記事

  1. 発酵食品は優れた健康効果があることで、現在は甘酒や塩麹などが様々な形で販売されています。特に甘酒は嗜…
  2. 私がダイエットをしようと思ったきっかけは腰痛が原因です。それに加えてのヘルニアとヘルニアから併発が多…
  3. ダイエットをするにあたっては食事と運動の量を調節するのが一番の近道だとわかっていても、なかなか実践で…

話題をチェック!

  1. 2014-9-16

    お菓子の食べ方で満腹中枢を刺激する画期的なダイエット方法

    多くの女性が共通する悩みの一つとして体重増加という問題が挙げられます。また女性だけではなく、自身の見…
  2. 2014-9-14

    プロテインパウダーダイエット-代謝と脂肪燃焼による効果的ダイエット方法

    あなたがダイエットに関し迅速かつ効果的な結果を模索している場合は、体重減少のためのプロテインパウダー…
  3. 2014-10-22

    1:1:1を守っておかずの品数を増やすダイエット方法

    子供の頃から体格はよかったのですが、今から考えると相当太っていたなと思うくらいの体重でした。実に63…
 
ページ上部へ戻る