効果的だったダイエット方法は鍼治療を行いながら実践した秘密の方法です

ダイエットは体重を落とす、やせるというだけでなく、健康な身体にする、というところに意義がありますね。ベストな体重であることはもちろん、食生活を整え、体調を良くして、身体の循環を良くしながら余分な体重を落とすことが大切です。

普通の生活をしていると、現代においてはやはり過剰に余分な物を取りすぎているのです。そのおかげで、皮下脂肪はもちろん、内臓脂肪や、淀んだ血液や、腸内には宿便がたまり、体調は悪くなる一方です。

私が効果を全身で実感し、体重も3キロすっきりと落とした方法は、鍼治療院に通って、腸内洗浄の指導を受けて実践したことです。一番の目的は、健康になることだったのですが、その時は特に病気ではないけれど、身体のあちこちが痛くて、首や背中、腰、そしてお腹の中は固くて冷たくて、お腹まわりに特にぜい肉がつき、足や顔も太っている…という状態ですが、これは余剰なぜい肉で体重が重く、そして体調の悪さでむくんでいるという状態だったのでしょう。

ダイエットのために体操やストレッチをして運動をしようと思っても、これでは身体が固くて痛くて、ストレッチすらできないのです。鍼治療には週2回を3か月は通いました。

そして、食生活は野菜と玄米中心に徹底します。これがダイエットにつながります。そして午前中は身体がデトックスする時間帯なので、腸内洗浄をします。

そして、生野菜を刻んで、亜麻仁油をかけて、よく噛んで食べるのです。亜麻仁油はフラックスオイルとも言いますが、高価なオイルで、冷蔵保存で開封後はすぐに使い切ることが大切です。オメガ3をふんだんに含み、中性脂肪の低下やアレルギー体質改善、アンチエイジングと、ダイエット中にも摂るべきオイルなのです。

私は、これをかければ生野菜だけを食べるのも全く苦になりません。

そして、玄米を食べるということも、ダイエットの成功の秘訣です。多くの人は、ごはんを抜くということがダイエットと考えてしまいますが、玄米こそが成功の秘訣だと思います。なぜなら、まったく食べないのはダイエットにならないと、もう皆さんはわかっていると思いますが、野菜中心だとどうしても間食したくなるんですね。飽きるというか、習慣というか、ついついおやつ1つならいいかな…とクッキーやチョコに手を伸ばしたら、それはダイエット中は身体に悪い食品なのです。

そんな時に、玄米を少し食べて、よく噛むと、おやつを食べたい衝動から逃れられます。そしてビタミン類の栄養素も豊富、脳が満足して、少量で少ないカロリーだけで、ダイエットを続行できるのです。

腸内洗浄は治療院の指導のもと行いますので、慣れてくると簡単です。そしてお腹がすっきりして、宿便を落とします。生野菜と玄米少しの生活は、お腹の中を掃除するようで、どんどんお腹周りがすっきりしてきます。

でもやはり、3か月は取り組むことが大切です。食べながら、根本からダイエットする方法ですから、体質改善ということですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当記事の内容はいかがだったでしょうか? もし記事を読んで少しでも参考にしていただけたようであれば,ソーシャルメディアで共有してもらえると嬉しいです。

当サイトは 人気ブログランキングにほんブログ村 に参加しています。
かなりの位置にいますので,是非現在の順位を以下のボタンより確認してみて下さい。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ダイエット成功ブログへ



関連記事

  1. 2014-9-5

    ダイエットに関する記事投稿ページ

    当サイトをご覧いただき,ありがとうございます。 当サイトでは読者のみなさまからの意外なダイエッ…

おすすめ記事

  1. 大好きだったお酒を諸事情により禁酒することとなってしまい、ストレスが溜まりそうだな、と不安に思ってい…
  2. ダイエットをするにあたっては食事と運動の量を調節するのが一番の近道だとわかっていても、なかなか実践で…
  3. 私がダイエットをしようと思ったきっかけは腰痛が原因です。それに加えてのヘルニアとヘルニアから併発が多…

話題をチェック!

  1. 2014-10-22

    1:1:1を守っておかずの品数を増やすダイエット方法

    子供の頃から体格はよかったのですが、今から考えると相当太っていたなと思うくらいの体重でした。実に63…
  2. 2014-9-19

    白湯ダイエットで苦労せずに8kg痩せました

    私にとって効果的だったダイエット法は、白湯を飲むダイエットです。 今まで、私は甘い飲み物が大好…
  3. 2014-11-10

    ロングブレスダイエットからの発展-体を意識して使うダイエットの勧め

    私がおすすめするダイエット方法は「気づいたときに体を意識して使う」というやり方です。高校生までは自分…
 
ページ上部へ戻る