1:1:1を守っておかずの品数を増やすダイエット方法

子供の頃から体格はよかったのですが、今から考えると相当太っていたなと思うくらいの体重でした。実に63kg、立派な大人の体格でした。そこから順調に痩せた記憶がなかったのですが、特にダイエットらしいものもやっていませんでした。

28歳の時、ふと思い立って体重を量ったら68kg。これはいけないと思い、ダイエットを考えました。運動をしてもよかったのですが、日々の仕事で疲れて帰ってきてからでは無理であること、週末はほぼ寝て過ごす状態で今になって運動をするのも億劫だったことがあり、まずは食事から見直すことにしました。

体が軽くなれば、ある程度の運藤はできるのではないかと考えたからです。

方法としては、炭水化物とタンパク質、ビタミンやミネラルを1:1:1の割合を守りながら全体の量を減らす方法です。料理をする際には、炭水化物の白米はきちんとグラムを計量し野菜類は使う分だけカットしてから一度に量って使用しました。

また、おかずの作り方もよくありがちな野菜炒めのようなものは作りませんでした。タンパク質やビタミンがすべて一緒になっているので、おかずの品数が減ってしまい、見た目にも物足りなさが目立ってしまいます。

それよりも、決められた分量でそれぞれ1品ずつ作った方が品数も増えます。

割合は1:1:1ですから、同じグラム内で収まっていれば2種類でも3種類でも使えますから、ビタミンから野菜の煮物を、ミネラル分は海藻で味噌汁をつくれば品数が増えるという具合です。

特にビタミンやミネラルは汁物にも向いているので、汁物を一品つけるのは効果的です。炭水化物がどうしても少なく思えてしまっても、汁物のおかげでだいぶ満腹感が出て体の慣れも早くなりました。

無理をして体に負担をかける「○○ダイエット」といわれるような一品だけをひたすら食べ続けるようなものは、体が飢餓状態に陥ってしまうので普段食べ慣れているおかずを少し調整して作った方がよいです。

盛り付ける時にも品数を意識すれば、小皿を何枚か使うことになりますが、おかずの量は減らしているのに見た目に満足できるのはダイエットを成功させるコツです。たいして難しいことはしていませんし、体への負担もなく15kg落とせました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当記事の内容はいかがだったでしょうか? もし記事を読んで少しでも参考にしていただけたようであれば,ソーシャルメディアで共有してもらえると嬉しいです。

当サイトは 人気ブログランキングにほんブログ村 に参加しています。
かなりの位置にいますので,是非現在の順位を以下のボタンより確認してみて下さい。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ダイエット成功ブログへ



関連記事

  1. 2014-9-5

    ダイエットに関する記事投稿ページ

    当サイトをご覧いただき,ありがとうございます。 当サイトでは読者のみなさまからの意外なダイエッ…

おすすめ記事

  1. 発酵食品は優れた健康効果があることで、現在は甘酒や塩麹などが様々な形で販売されています。特に甘酒は嗜…
  2. 玉ねぎ(オニオン)は、世界で最も広く、最も一般的に栽培野菜の一つです。生、または調理して食べることが…
  3. 一日三回の食事のうちの、一度の白米を野菜ジュースに置き換えるだけなので、体が持たないということはあり…

話題をチェック!

  1. 2014-11-10

    ロングブレスダイエットからの発展-体を意識して使うダイエットの勧め

    私がおすすめするダイエット方法は「気づいたときに体を意識して使う」というやり方です。高校生までは自分…
  2. 2014-9-14

    プロテインパウダーダイエット-代謝と脂肪燃焼による効果的ダイエット方法

    あなたがダイエットに関し迅速かつ効果的な結果を模索している場合は、体重減少のためのプロテインパウダー…
  3. 2014-9-16

    お菓子の食べ方で満腹中枢を刺激する画期的なダイエット方法

    多くの女性が共通する悩みの一つとして体重増加という問題が挙げられます。また女性だけではなく、自身の見…
 
ページ上部へ戻る